夫 ライン 浮気の最終結末は別れ

休みの日、夜分。インターホンが鳴る。見知った顔が、ぺこりと頭を下げられ戸惑う。「夫 ライン 浮気されたと、母が言い、出て行かれる」そう...ごめんなさい。

言葉が浮かばずで...。「いえ、夫 ライン 浮気など、度々こうゆ相談をして、申し訳なく思う次第。でももうしません...私、一人へ決意固め引っ越す予定」

え...どうゆう事?お父様かお母様の傍じゃなく?「ええ、どちらも自分を引き取りたくないそうで、一人暮らしへ決定。だからほら。荷物も。夫 ライン 浮気発覚と急だけどね」

もう住む宛はあるわけ?「現地で探す予定!上京の再出発」ムリよ!女子高生でしょう?危なすぎ...そうだ、うちはどう?貴方だけは何とか。

「...良いの?」ええ。幸い彼も出張中、大歓迎よ。ね?さ、ほらお上りなさい。「嗚呼、天使です先生は。またぎゅっとお願い...」

う...良いわ。玄関先で抱きしめる。危ねー関係。でも愛おしさと、慈しみに満ちる胸。夫 ライン 浮気は傷つくさ、誰だろうと構わず。